スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『PARIS IS BURNING』 「SENARIO 7: THE BEGINNING OF THE END」(2)

TURN 5

 スクリーンショットを取り忘れてしまっていますが、このターン3rd Marineは凱旋門へとさらに押し寄せます。フランス軍の長射程兵器によって混乱した部隊が政治委員の喝入れにより士気回復しさらに欠員補充を受けて完全戦力として戦線復帰。直後の攻撃によりフランス軍長射程兵器部隊を逆に一撃で残骸へと変えます(カオスマーカーによるイベント、3rd Marineのチット引きが連続するというソ連軍にとってはポジティブな、フランス軍にとってはこれ以上はないという不運な出来事が発生しました)。

 同時刻あいかわらず防御射撃を恐れてスペツナズは陽動の動きすら見せません(これは狙撃手(sniper)ルールを読み誤っていたパルヴァティのミスも一因です)。15th Recon所属部隊による混乱を掛けてから(できれば盤外砲撃も使って)エリーゼ宮に突撃しようと条件が揃うのを待ちすぎていたのですが、大統領暗殺計画に関してはうまく部隊運用できていたとはいえませんでした。

TURN 6終了時

PiB05

 このターン、3rd Marineはついに凱旋門を陥れます(『PARIS IS BURNING』の箱絵達成!!)。ただしこの時点ではまだフランス軍が奪回するチャンスは十分に残されており予断を許さない状況です。

 エリーゼ宮殿方面は15th Recon所属部隊のいくつかがエリーゼ宮への攻撃位置にようやくつきます。

「えぇい、やっと来おったか。のろまどもめが!!」

 己の臆病さに気づきもせずにパルヴァノフスキは友軍の到着に悪態をついていた。

TURN 7(最終ターン)

 終わりは突然訪れた。いまだ反攻する戦力を失ってはいないはずのフランス軍であったが、ソ連軍による凱旋門占拠の事実が与えた精神的衝撃は一時的なものであったにせよ決して小さなものではなく、ミッテラン大統領の消息が不明であることもさまざまな憶測を呼んでパリは事実上陥落した。

 ここで本日2度目のまさかのEndマーカー2連発。確か1枚目を私パルヴァティが引いて「2連続だったら大笑いですよね(笑)」と
、次のチットをTeddyさん(でしたよね?)が引いたところ・・・、という結末でした。

 パルヴァノフスキは勇敢な友軍兵士たちの奮闘による祖国勝利の知らせにも、心ここにあらずといった感じであった。時間は十分にあったにも関わらずミッテランの所在の捕捉すらできなかった失態についてコミッサールがどのように報告をするのか・・・・・・。パルヴァノフスキの耳にはもはや窓の外の凱歌すら届いていなかった。

TURN 7 Extra

PiB06

PiB07

 あまりと言えばあまりな終わり方(笑)でしたので、もしEndマーカー2連発が炸裂しなかったらどうなっていたのかをTeddyさんと少し追ってみました。結果はさらに1部隊を投入して凱旋門(マップB ヘクスD2)を守りきったソ連軍の勝利でした。

考察

 最後まで勝敗がもつれる展開でした。フランス軍の部隊運用についてはTeddyさんが「わうだけやっとく?」で触れられていますが、凱旋門への侵攻にも対応できる初期配置を考える必要があるといえるでしょう。特に今回のソ連軍のように3rd Marineを凱旋門方面へ布陣した場合、3rd Marineにはフォーメーションマーカーを2枚あるのに対して、510 GCは1枚しかないので部隊展開スピードでは不利となる可能性が高いでしょう。いずれにしろこのシナリオではフランス軍は守勢である上に運用できる部隊数の点ではソ連軍より劣っていますので初期配置には頭を悩ませることかと思われます。

 ただしフランス軍部隊の方がソ連軍部隊よりも優れている点もあります。ひとつは射程の長さです。ソ連軍よりも長射程であることを活かして近づいてくる部隊をうまく足留めしたいところです。もうひとつはTURN 3でも書きましたが、大統領護衛部隊の優秀さです。護衛であるがゆえにその行動には制約がありますがスペツナズよりも優秀な突撃能力は万が一スペツナズが突撃してきても返り討ちあるいは痛み分けに持ち込むに決して不足はありません(スペツナズが攻撃をスカッてくれる必要がありますが)。特に毎ターン自動回復できる(OpsCompleteマーカーとDisruptedマーカーを毎ターン無条件で取り除ける!!)ことは結構脅威です。

 一方、ソ連軍としては盤外砲撃(1回)と狙撃手(sniper)、スペツナズの運用と強力な手札が揃っています。今回はルールを読み落としたり読み間違えたりしたためにそれらを十分に活かせませんでした。活かしていたなら展開もずいぶん変わったはずです(ただしいい方に変わったかどうかは別問題ですが)。

 スペツナズに関しては突撃に関して先制攻撃をおこなえる等の特殊能力があるので有効に使えればかなり有利です。大統領護衛部隊は機会射撃はおこなえるのでそれをかいくぐる必要はありますが、かいくぐってしまえばスペツナズが一気に有利になります。先ほど書いたことと矛盾しているようですが、通常損害が同時適用される突撃戦闘でまずは一方的に攻撃できる先制能力は脅威であることに変わりはありません。。

 狙撃手(Sniper)に関しては「使い捨て(配置したら移動移動できないの)は変だよね」とプレイ前にTeddyさんと話していたのですが、ルール上はやはり「一度配置したら移動はできない」がやはり正しいですね。変なたとえですが一度配置されたら移動できない固定砲台人間版のような存在なのでしょう。

 大統領護衛部隊は3部隊ですので、エリーゼ宮かエコール・ミリテールかいずれか一方は1部隊しか配置できません。第1ターンに盤外砲撃でエリーゼ宮やエコール・ミリテールを攻撃することはできません(HQや偵察部隊からLOSが引けない)ので、1ターンサドンデスを狙いたければ、大統領護衛部隊が1部隊しか配置されていない目標地点に対して、1.狙撃手で攻撃を掛けて護衛部隊を混乱させる。2.スペツナズを突撃させて護衛部隊を除去するを成功させる必要があります。

 今回はソ連軍はVOLLEY FIREも得ていたのでかなり有利なはずでしたが、市街戦の様相を呈していたこともあって使いどころを見いだせないままに最終ターンを迎えました。

 またルールをしっかり把握していれば、スペツナズ、Sniperの運用において「欲が出てよりアグレッシブな行動に出た」ことによって異なった展開になっていた可能性もあります。再戦の機会があれば確かめてみたいです。

 今回は途中で凱旋門陥落を狙うことができ、また成功したことで勝利を収めましたが、ゲーム開始からしばらくはソ連軍は3つの目標を同時攻略せざるを得ません。逆にフランス軍も3つの目標のいずれも守れる態勢を取る必要があります。そして守るにしても攻めるにしても圧倒的な戦力は有していません。その意味では一発KOを狙うのではなくボディーブローで相手の戦力をじわじわと殺がなければならない。しかし時間は決して多くはないというジレンマをたっぷり楽しめると思います(マゾとも言う(笑))。
スポンサーサイト

『PARIS IS BURNING』 「SENARIO 7: THE BEGINNING OF THE END」(1)

 盟友TeddyさんのAARは「わうだけやっとく?」において2016.05.29の記事で取り上げられていますのでそちらもぜひぜひご覧下さい。

 スペツナズ アルファ所属のパルヴァノフスキは焦っていた。2週間前におこなわれたサッチャー暗殺計画においてベータ所属のテディノヴィッチは見事な成功をおさめており、今回のミッテラン暗殺に自らが失敗することは、すなわち彼との権力闘争で一歩遅れを取ることを意味していたからである。また上層部が二人の対抗心をうまく利用していることは明白であったが、それを告発するほど互いは愚かではなかった。

「失敗は許されん」

すでの日の昇った東の空を見やりながらパルヴァノフスキは一人つぶやいた。

1985.06.11 06:19AM

TURN1終了時

PiB01

 スペツナズアルファはすでにパリ市内に潜入を完了しており、ミッテランがエリーゼ宮、エコール・ミリテールのいずれかに潜伏していることまでは掴んでいたものの、どちらにいるのかについては結局作戦決行時までに掴むことはできていなかった。

 シナリオに設定されている勝利条件は2つ。制限ターン内にミッテランを屠る(ほふる)か、制限ターン終了時に凱旋門(マップB ヘクスD2)を占拠しているか。このどちらかを達成できればソ連軍の勝利、阻止できればフランス軍の勝利です。先に書いたようにミッテランはエリーゼ宮(マップB ヘクスQ6)かエコール・ミリテール(マップB ヘクスI12)のいずれかにいることは確定していますが、いずれに潜伏しているのかはソ連軍ユニットがQ6、I12に侵入するまで分かりません(何とフランス軍にも!? 笑)。

 したがってソ連軍としては勝利条件2つのうち1つを満たせばいいというもの、ミッテランの所在が判明するまでは3つの戦術目標を同時攻略していくことを念頭に部隊運用することになります。今回は3rd Marineがエコール・ミリテールおよび凱旋門方面を担当、15th Reconがエリーゼ宮殿方面にプレッシャーを掛けることを初期方針としました。

 第1ターンはパリへ迫る機動のみでしたが、フランス軍からの攻撃により15th Recon所属の1部隊が混乱しています。

TURN 2終了時

PiB02

 マップBのL3に立てこもるAMX(30だったか13だったかは忘れてます^^;)を黙らせないことにはエコール・ミリテール、凱旋門方面へはなかなか近付けないためにこちらもSaggerで応戦します。除去には至りませんでしたがとりあえず黙らせることには成功します。一方15th Recon所属の1部隊は混乱からの回復に失敗。このターンは市街地の地形を利用してパリ市街へと近づくにとどまりました。

TURN 3

 Endマーカー2連続がここで炸裂。このターンは両軍ともにまったく動けず。このシナリオは全7ターンなので3ターン終了で残り4ターンとなる。まだ時間はあるというもののそれほど余裕があるわけでもない状況になりつつあるというのがプレイ中の心境であった。

「一体やつらは何をしているんだ」
「部隊を陽動してくれんことには突撃できんじゃないか」

 パルヴァノフスキはいらだちを隠しもせずに、友軍部隊が遅々としてパリ市街へと侵攻してこない事に悪態をついていた。

 実はフランス軍の大統領護衛部隊の突撃能力はスペツナズよりも優秀ですので初撃をいなすことができれば、反撃で一矢報いることも十分可能ですスペツナズが突撃を掛けた場合失敗に終わる可能性の方が高いです(ここはスペツナズの特殊能力を読み落としていました)。スペツナズにはスナイパーが同行しており、またソ連軍にも盤外射撃が与えられているのでそれをうまく活かせば1ターンで大統領が潜伏している可能性のあるヘクスを制圧できる可能性が高まったはずなのですが、今回はスナイパーに関するルールの読み違いもあり上手く活かすことができませんでした。

TURN 4終了時

PiB03

 15th Reconがエリーゼ宮に近づいたもののフランス軍(510 GC)の機会射撃により混乱してしまいます。一方、SaggerミサイルによりL3に立てこもる部隊を除去できた3rd Marineはパリ市街へと一気に侵入し、歩兵部隊1部隊は凱旋門を指呼の範囲にとらえます。第2ターン終了時の画像と第4ターン終了時の画像とを見比べてもらえば分かるように、ソ連軍のこのターンの機動によってフランス軍が凱旋門方向へとスイングします。R6の部隊をうまく除去できればエリーゼ宮には突撃できる可能性が高まり、また凱旋門を制圧する可能性を見たところで第4ターンは終了します(続く)。

続きを読む

総閲覧者数:
現在の閲覧者数:
プロフィール

パルヴァティ

Author:パルヴァティ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。