スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BALTIC FURY』「Scenario6:Out of the Blue」(4)

Turn5 105th AB→Draken→End→End
 Soviet 105th Airborneによる攻撃は全体的には奮わなかったが、Fredericiaに突入したBMD-1の一発はCenturionをステップロス+混乱にした。Drakenはこの戦闘が始まって以来初めてその任務を遂行した。結果、Centurionに一矢報いたBMD-1を逆に屠ることに成功、帰投した。ところがここでまさかのEnd2連続。WP軍は貴重な時をロスすることになる。
 
Turn6 6th KP→Draken→End→KL→105th AB→End
 Polish 6th Krakow ParaはMiddelfartに接近を試みるために攻撃を掛けるものの長距離射撃のためすべて不発に終わった。DrakenははSA-7の攻撃をかいくぐったものの有効な攻撃を目標とした歩兵部隊に与えることはできなかった。これまでいいところ無しだったSoviet 105th AirborneはKongelige Livgardeのスキを衝いて一気にFredericia市内へとなだれ込んだ。
 
 ここでルールミスの指摘をいくつか・・・・・・
 まずHQは単独でいてはならないのであるが、Kongelige LivgardeHQがずっと単独でいました。また、前回の第3、4ターン。1ヒットを食らった部隊はステップロス+混乱になるところを1ヒット目混乱、2ヒット目ステップロスとしてしまっていました^^;
2014.04.18 17:51追記
 blogを読んで下さっているTeddy立川さんからの指摘でルールを見直したところ1ヒット目混乱、2ヒット目以降ステップロスでした(もし混乱から回復できていなければ、1ヒット目からステップロスが発生)。Teddy立川さんありがとうございました。したがって、Turn5以降の部分が誤ったプレイになってます。申し訳ありません。Turn1-3はたぶん正しいルールでやってると思います。

 
Turn7 105th AB→End→Draken→6th KP→KL→End
 開始早々、Soviet 105th Airborne隷下のBMD-1がモラルチェックに失敗。OOC状態となる。Fredericiaに進入した2歩兵部隊の内の1つは隣接するTerritorial Hehrに攻撃を仕掛けるも不発。残りの部隊が突撃を仕掛けて相打ちでこれを屠った。
 Drakenが近接航空支援に4度飛来したが、ついにPolish 6th Krakow Para隷下のSA-9によって撃墜されてしまった。
 Polish 6th Krakow Para隷下の歩兵部隊がMiddelfartへ突入を試みるものの機会射撃により壊滅してしまう。SPG-9は104mm RR Jeepを残骸へと変わり果てた。
 Kongelige Livgardeは虎の子のCenturionがモラルチェックに成功して混乱状態を脱する。Centurionと歩兵部隊のTOWミサイルによる攻撃を受けたBMD-1は残骸と化した。
 
 この時点でWP軍が勝利条件を満たすことは不可能であると判断し、ソロプレイであることまたプレイ中に多くのミスをしたことからデンマーク軍の中押し勝ちとしました。状況からすればTurn6終了時点でWP軍投了でもよかったかもしれません。

CA3I0108-1.jpg
Turn7終了時 破壊された車輌の残骸がチラホラ。赤いグラスカウンターののったヘクスはSoviet 105th Airborneが占領したFredericia市街ヘクスです。
 
 空挺降下の時点でPolish 6th Krakow Para隷下のASU-85が2両とも壊滅したのが最後まで響きました。また降下させた場所も悪かったです。仮にそちらのコースを選んだとしもMiddleFartに接近するには開豁地を一度は横切ることを余儀なくされはするのですが、マップ上部からうまく射線を横切らないようにしてMiddleFart北部から突入するルートの方がよかったかもしれません。いずれにしろMiddleFartでは損害を覚悟の上、早期にMiddleFartへと接近しないことには活路は見いだせない、そんなシナリオかもしれません。
 Soviet 105th AirborneについてはFredericiaに近接するまではBMD-1に歩兵部隊を搭乗させたままにしておくことで歩兵部隊の生存率を上げることができるかもしれません。基本方針はそのようにしておいて、デンマーク軍の装甲部隊とドラケンを壊滅させるために、間接兵器(ミサイル)を持った歩兵部隊を遮蔽物を上手く活用して配置しておいて、早期に装甲部隊とドラケンを無力化することが必要だと考えられます。なおリプレイ中には歩兵部隊と書いていましたが、兵科記号があらわしているようにWP軍のそれは実際には空挺部隊あり、デンマーク軍の歩兵部隊よりも手強いです。

 先日ぐちーずさんとプレイした記憶が薄れないうちに、と始めたソロプレイでしたが細かい(とは言えない!?)ミスを連発してしまいました。TOROさんがblogで書かれているようにルールを押さえてしまえばTEC以外のチャートをみることはほとんどないと思われます。ただその分ユニット上にあらゆる数値情報が示されているので老眼(T T)の身には少し厳しいところもあります。

 でもやっぱり楽しく、ゆえにおもしろいゲームであると思わせてくれます。ひとによって違うでしょうが、サイコロをたくさんジャラジャラ振るのってそれだけで楽しいです。また、今でも他人様に蘊蓄語れるほどの知識は持ち合わせてはいませんが、さまざまな兵器が登場してくるのでそれを見ているだけでも楽しいです。そのように楽しいなぁと思いながらプレイしていて、「このタイミングでそのサイの目出すかぁ(あるいはでるのかぁ)!?」がなぜか起こるのですからおもしろくないはずがありません。多分に個人的な思い入れがあるのはご海容をm(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

総閲覧者数:
現在の閲覧者数:
プロフィール

パルヴァティ

Author:パルヴァティ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。