スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフィアゲームクラブさんにおじゃましました(御礼)&『もみじまんじゅー』(by TOROさん):Scenario1「SEPARATION」

 5月3日、4日がちょうど東京出張で、3日にソフィアゲームクラブさんがオープン例会を開催されるとのことでしたので参加させていただきました。とても楽しいひとときを過ごさせていただきありがとうございました。まずは御礼申し上げます。仕事が終わってからの参加ということで19時ちょっと前の訪問となり、参加されていた多くの方とはほとんどお話をする機会がありませんでしたが、機会がありましたらまた参加させていただきたいと考えていますので、その折にはよろしくお願いいたします。

 今回うかがったのはTeddy立川さんと『World at War』を対戦するためでした。MustAttackでWaWについて盛り上がる中で「いつか対戦を」と話していたのですが「こんなに早く対戦がかなうとは」とお互いビックリな展開での対戦です。「(シナリオは)何がいいですかねぇ」としばし悩んでいましたが、時間の制約もあり、また、事前プレイで面白かったと意見の一致をみた『もみじまんじゅー』(by TOROさん)の「Scenario1:SEPARATION」に決定(注:『もみじまんじゅー』とは『BLOOD & BRIDGES』の事です)

 このシナリオでの勝利条件は、減少戦力ではないユニットを、相手よりも多くマップから離脱させることです。
 
 戦力としては、西ドイツ軍2部隊、ソ連軍2部隊(+Hind 1部隊!)がそれぞれ登場します。それぞれの部隊の配置箇所に関しては、あらかじめ定められた6つのヘクス(図1参照:赤丸のヘクスがそれらのヘクスです)の中から1d6を振ってランダムに決定します。1d6で決定されたヘクスを中心とする3ヘクス以内に初期配置を行います。
 
 離脱方向は西ドイツ軍が青矢印の方向(西)、ソ連軍が赤矢印の方向(東)となります。したがって、西ドイツ軍がマップ左の赤丸、ソ連軍がマップ右の赤丸に配置された場合、お互いを攻撃することなく「サヨナラ~っ」することもありうるわけです。そして今回の配置は西ドイツ軍の2/182 PzGrenが中央上、1/613 Panzer、ソ連軍の93rd Recon(一部)が左下、ソ連軍の62nd Mrtor Rifle(一部)が右下に初期配置されたために左下では殴り合い発生ですが、中央上と右下はそれぞれ邪魔されることなく離脱できる可能性が濃厚です。ただしそれでは面白くない(二人の意見)&「せっかく東京にまで来ていただいたのに離脱しては申し訳ない」とのTeddy立川さんのご厚意によって、例によって例のごとくバトルロワイアル開始です^^;
 
 左下では、M48がBMP-2に屠られ、最終的にHQも消滅してしまいましたが、西ドイツ軍としても2両のT-80と1両のBMP-2を除去できたので気分的には悪くありませんでした・・・・・・って、よくないですね、スミマセン。
 
 中央の2/182 PzGrenはANHAUZEN南西に展開して、MilanやPanzer Morserで遠距離攻撃をRIEDEN北方の丘や開豁地まで歓迎に出てきてくれたソ連軍に攻撃を仕掛けるのですが、さきほどまでT-80すら沈黙させた猛攻がウソのようにスカりまくります。そうこうしているうちに聞こえてきたのが「ワルキューレの騎行」(3ターンにHInd E×2、Su-25が登場)。HInd1機を撃墜したものの西ドイツ軍の健闘もそこまででした。Hind E、Su-25による空からの攻撃の前にANHAUZENに立て籠もる2/182 PzGrenの命運の尽きるのも時間の問題ということで、西ドイツ軍の投降(のルールはありませんが)でジ・エンド。

Blood and Bridges Map
図1 直線が本来の離脱方向^^ 手書きの線が実際の機動です(大まかな経路なので正確なものではありません)。
 
 出張から帰って今回のプレイを振り返りながらルールブックをおさらいしたところ、
 
1.ヘリに対しては、条件付きでAPまたはHEで攻撃ができる
2.航空ユニットをゲームから外す条件について間違った解釈をしていた可能性がある

ことを発見しました。

 ゲーム中に(お互いに)気付いたミスは、最初のM48の射撃時に近接攻撃を適用できるのに通常攻撃で解決していたことでした。
 
 その他、地形について悩むところもあったり、まだまだ精進しなければなりません。
 
注:今回の図はVassalモジュールの画像を元に作成させていただきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

総閲覧者数:
現在の閲覧者数:
プロフィール

パルヴァティ

Author:パルヴァティ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。