スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『THE UNTOLD STORIES』 「SCENARIO 1: CAVALRY CHARGE」(1)

 再販を望む声が多いものの未だされない『THE UNTOLD STORIES』。探し方が悪いのかもしれませんが、blog等でもあまりAARを見かけません。もみじまんじゅうーもEDGもやりかけのままですがちょっと手を出してみます(次回触れますが、「SCENARIO 1: CAVALRY CHARGE」は登場ユニット数が少ないので気軽にプレイしようという気を起こさせてくれたんです)。

 『THE UNTOLD STORIES』(以下TUS)にはA3サイズよりひと回り小さいサイズのマップが3つ付いてきます。マップAはHannover近郊のWedelheineを中心とするマップ、マップBはHamburg近郊のWitzhaveを中心とするマップ、マップCはNijmegenから南東に少し離れたBoekelからErpにかけての地域を中心とするマップです。ただし、マップ上にある都市名からその辺りを参考にした地図という意味合いしかないように思います。というのはあとで触れるようにSCENARIO 1はマップBを使うもののエムス川(ドイツとオランダとの国境付近を流れる川)を越えたポーランド軍とオランダ軍との戦闘を扱うものであり実際の場所からは相当離れています。またシナリオによっては複数のマップを連結して用いています。

 これらの地図上でしのぎを削るのは、NATO陣営ではオランダ軍、ベルギー軍、西ドイツ軍、カナダ軍、WP陣営ではソ連軍、東ドイツ軍、ポーランド軍です。

 TUSで追加されたルールについてはあらためて別の機会に紹介するとして今回は「SCENARIO 1: CAVALRY CHAGE」について紹介します。このシナリオはEDGあるいはもみじまんじゅうーをプレイしたことがあれば、水陸両用車両とIMPROVED POSITIONの項を読むだけであとはTECを参照しながらプレイできます。

 「SCENARIO 1: CAVALRY CHARGE」はマップB上でのポーランド軍の10th Armored Cavalryとオランダ軍のA/103 Regiment Huzaren van Borel Reconとの戦闘を扱います。シナリオの状況説明によれば「ポーランド軍が探し求めているのは戦闘ではなくオランダ軍の防御ライン(main line of resistance)であり、一方オランダ軍は防御ラインを秘匿しておきたい。お互いの目的を達成する最善策の1つは相手を滅ぼすことである」だそうで、かくして激戦が幕を開けることになります(ところ変わってもやるこた一緒^^;)。

tus1.png
図1

 図1のIMPROVED POSITION マーカーの置かれているオランダ軍の防御拠点は全部で5つあります。勝敗はゲーム終了時にポーランド軍がいくつの防御拠点にLOSを通しているかによって決まります。マップ中央を流れている川の近くにLOSを妨害する地形が絶妙に配置されているためにポーランド軍は渡河を余儀なくされ、オランダ軍もまたそれを阻止するために川沿いに防御線を引くこととなり、結果、状況説明にあるようにお互い殲滅戦へと巻き込まれていきます。

 このシナリオでは途中からF-16A、MIG-21が登場する可能性があります。なおカオスマーカーは使用しません。

tus2.png
図2

tus3.png
図3


 オランダ軍は赤のライン上のいずれかのヘクスに初期配置されます。ポーランド軍はマップ東端(向かって右側)から進入してきます(図2)。図3は取りあえずオランダ軍を取りあえず配置してみたところです。m106をHQの近く配置したのはRecon UnitではないためにHQの近くにいないと指揮範囲から外れてしまいやすいからです。
 
 次回は両軍の戦力を比較してみます(以下、続きます)。

 図1~図3はTUSのコンポーネントから
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

総閲覧者数:
現在の閲覧者数:
プロフィール

パルヴァティ

Author:パルヴァティ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。