スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミドルアース大阪さんの定例会(9月28日)に参加しました

 9月28日、ミドルアース大阪さんの定例会にうかがいました。今回はウォーゲームではなく、『パンデミック』のプレイに参加するための訪問です。

 ゲームの模様については『ウォーゲームの部屋』内「9月28日ミドルアース定例会」にぽんにゃんさんが寄せられた記事をご覧下さい。ソロでは何度かプレイしていましたが他の人との協力プレイは初めてでした。いやぁ、おもしろかったです。ネット上の情報では「仕切り屋がいると・・・」等の注意点を挙げられていたりします。確かにその可能性はあるとは思います。しかしながら今回はみんなで「あぁでもないこうでもない」と賑賑しくプレイできてとても盛り上がりました。

PANDEMIC.png
図1 パンデミック ゲームボード アウトブレイクの恐怖に彩られた美しさはプレイした者にしか分からない

 『パンデミック』の後は古角さん、Jさんと私の3人で『5本のきゅうり』をプレイしました。最初やった時はあまりのあっさり感にみんなで「なんじゃこりゃ?」となり、次にルールの妙で最後のトリックを取ってついでにきゅうりを取らされる理不尽さ(ここがこのゲームの第一のキモ)に「このきゅうりの顔、腹立つなぁ」と何とも胃の痛い展開に。

Gurken1.png
図2 コイツが噂の憎いヤツだ(笑)

Gurken2.png
図3 写真では分かりにくいですがキュウリは木製です。


 実は私がルールを読み間違っていたせいで、3人→2人→1人と一人ずつ脱落していくところを3人の中で誰かが負けたら次のプレイを開始するとやってしまっていました。これだと勝ち残った者の中からいきなりサドンデスで脱落する者が出る(これが第二のキモ)というとってもすばらしい展開を楽しめないのでキチンとしたルールでもう一度やりたいです。

 1人7枚の手札を順番に出していくだけなのでよほど長考する人がいない限りサクサク進んでいくので3~4人プレイだと短時間で何度も遊べる好ゲームではないでしょうか。このゲームを高く評価されているサイトが多くあるのも納得です。

(余談)
 余談と書きながらかなり本気で怒りとも嘆きともつかない思いに駆られているのですが「道徳の教科化」を今持ち出す政府関係者の浅慮(というか思慮の無さ)に目の前が暗くなります。こんなことを書くと「ふざけるな!」と怒る方もみえるかもしれませんけど「道徳の教科化」やるよりも「ボードゲームの学校教育への導入」の方がよっぽど効果的なのではないかと思います(まだ「考える」と表現できるほどには意見が煮詰まっていません)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

総閲覧者数:
現在の閲覧者数:
プロフィール

パルヴァティ

Author:パルヴァティ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。